品質

不良品を少なくするチェック体制

弊社が自信を持ってお客様に言えることは、高い技術力と不良品の少ない検品力です。その点でお客様から信頼をいただいております。

弊社工場では、プラスチック射出成形機を稼働中は、3時間おきに「成形日報」をつけてチェックしています。また梱包場でも「梱包日誌」で細かく管理し、従業員の品質チェック体制への意識を高めています。

製品のクオリディーは、出荷前の梱包場での長年勤めてくれているパート従業員の検品の際の目利き力にあります。この従業員たちにより弊社は支えられています。また、この目利き力と品質維持・向上の意識は自然な形で若い従業員へも引き継がれていると自負しております。

 

以下の動画は、弊社杉戸梱包場での作業風景です。

 

 

 

このページの先頭へ